what's new!

2004年01月30日

リプルのたまご プレイ記@

値段が落ちているのを発見し、しばらく商品棚をうろうろ。

帰りの車の中で
「買っちゃってるよ!?」
なぜか叫ぶ。
無意識に買ってた自分がオソロしい…。

乙女ゲー。
「リプルのたまご」
>アヴェンチュリンの国の宮廷魔術師を「リプル」と呼びます。
「リプルのたまご」とは、宮廷魔術師見習のこと。
アヴェンチュリンの王子が戴冠式前に、呪いの本により「眠りの森の美女」状態に!
王子を救うため選ばれたリプルのたまごである主人公(=あなた)は、6人の王子様と力をあわせ、ライバルを蹴落とし(?)魔力をためなければなりません。
100日後の戴冠式までに王子を目覚めさせること、それが主人公の役目になります。
-----------------
あらすじはこんなもんでしょうか。
協力してくれる6人の王子と眠れる王子、そして師匠。
恋愛対象はその8人。
ちなみに師匠は、アヒルになってしまってます。
これでどうやって恋愛に持ち込めというのでしょうか、不思議でなりません。
眠ったままの王子。
眠ったままの人とどうやって恋に落ちればいいのでしょうか。
私には皆目見当もつきません。
なので、実際、6人の協力してくれる王子を狙ったほうが確実に楽しいような気がします。

(6人の王子紹介)
・火の国の王子 ウルツ・パゲット・フレイム 18歳。
 >単純明快を絵に描いたような元気な人っぽい
  苦手なタイプだ…つーか、根本的にあわないような気がする。
・水の国の王子 セピオ・クォーツ・ティアウォータ 14歳。
 >……女の子じゃないの? 負けた…大敗を喫した。
  恋愛対象じゃないよ、この可愛さは。
・風の国の王子 トリフィル・クレンネル・ウィンディス 18歳。
 >無口で真面目をうたうわりに、初っ端から長台詞を披露。
  王子で騎士団の隊長だそうで……平和そうだからそれもいいかもね。
・花の国の王子 スピネル・チャロ・フロウリア 26歳。
 >優雅で気品溢れて華やかで、美しいもの好き
  ――あーじゃ、私はお呼びじゃないわねー(そそくさ)
・地の国の王子 ユークレース・ホーン・グラン 25歳。
 >眼鏡の酒豪。優しく面倒見がいいんだって。
  …某守護聖とカブりそうだが、あの人よりも裏がありそうで怖い。
・雪の国の王子 エクリュ・メレ・スノーウィ 21歳。
 >面倒くさがりののんびりやさん。昼寝好きのきのこ好き
  きのこについて語ってくれた。

  惚れた。(なぜ)

  口調とか常に傾いてるところとか、ほわんほわんなとこが好きだ―!!

どうでもいいが、王子の名前、長すぎ。
覚えていられないだろ、この長さはよぉ。

とりあえず、エクリュ落しに全力を注ごうかと思います。
そしてライバルを滅殺!!
だって好きになれないんだもーん、あのエゲつないライバル。
初っ端からレベル5とかのカード出すなっつーの。
勝てるわけねーだろ。


posted by 萩 at 01:12| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワイルドアームズ3 プレイ記

  ネタバレあり。
  未プレイの方、これからやりたいと思う方はご注意を。


WILD ARMS ADVANCED V

前回の続き、バスカーコロニーで最後のガーディアン神殿の所在を聞いたところからレッツ・プレイ。

ジョリーロジャーで砂上艇の装甲強化して、砂の海へ。
北上し、一路『無限連環永久機関』を目指す。
>砂上艇の装甲を強化したというのに、一向にエンカウントがないのは何故!?
どれぐらい性能が上がったのかわからないじゃないかー(涙)

『無限連環永久機関』。
時空を司るガーディアン、ダン・ダイラムの神殿。
ダンジョンの難易度は高いほうではないかと。
特に隠し通路の場所。
そこに気付かずに通り過ぎたプレイヤーさんも多いはず。
私もうっかり見落としていました。
あとは、タイミングさえあえば通路は楽ちん。

ボス戦はアースガルズと2回あります。
1回目はジェットにステア・ロウを装備させて、1ターン目でアクセラレイダーで雷魔法をかければ、アースガルズの全体攻撃魔法を封じることができます。
2回目はギャロウズが抜けて3人で3ターン持ちこたえれば終了。
回復さえできればあっという間です。
>アースガルズ、過去か未来に吹き飛ばされましたが、再登場はあるんですかね〜?

ダンジョンクリアして、もう一度ジョリーロジャーへ。
砂上艇とARMの改造をして終了。
posted by 萩 at 00:42| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月29日

リーカーというもの。

「リーカー」。
この単語を聞いて反応し、ここへ飛んできた人は私と存分に語り合いましょう(笑)
この単語の意味がわからないという方には簡単に説明を。
リーカーとはアンジェリーカーを省略しています。
アンジェリーカーとは、KOEIのゲームソフト「アンジェリーク」に運良く(?)もハマってしまった人のことをいいます。
基本的な行動パターンとしては、
・アンジェリーク(ゲーム)をする
・アンジェリークのためにハード機を買ってしまう
  例)PC−FX、PS2等
・アンジェリークの声優にハマる
・アンジェと聞けばいても立ってもいられないほど反応する
・キャラを呼ぶときは様づけになる(心の中では、とか)
・アンジェのない生活は考えられない
・アンジェリークのCDを買わずにはいられない
・たった1時間しかないDVD(¥5800)を全8巻そろえてしまう
・カラオケでアンジェリークの曲が入っていないとレパートリーが極端に減る
・常に妄想をせずにはいられない
・KOEIに踊らされない、という誓いを立ててもすぐに敗れる
・気がつけば右手にアンジェCDが、左手にすっからかんの財布が……
・歌は愛があれば上手い下手は関係なく思えてくる
――とまぁ、こんな感じでしょうか。

大抵のリーカーさんは一度はこう思ってるはずです。
アンジェで人生が変わった。
えぇ、そりゃもう、ネオでロマンス、スィートなゲームですから。

ゲーマーだと言うより、「リーカー」だと暴露してしまうほうがある意味爆弾を抱えているといっても過言ではありません。
なので、割合リーカーさんは実生活だとひっそり暮らしていると思われます。
ネットの中で同志を見つけるのは容易いですが、実生活ではまず困難です。
自分から友人にアンジェを勧め、同志に引きこまない限り、語り相手は作れないです。

はっきり言って辛い。
「車の愛称が「オスカー」なのv」って自慢できないところが辛い。
「昨日アンジェしててね、やっとスチルが出たのv」って話ができないのが辛い。
「あのCDのね、この歌がいいよねv」って言えないのが辛い。
PS2版が出ると分かっていながら、Win版を(しかもプレミアムBOX)で買ってしまうのが辛い。

それでも愛さずにはいられない、それがリーカー。
posted by 萩 at 14:24| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月22日

ワイルドアームズ 3

WILD ARMS ADVANCED 3

(プレイ記録)
第17調査ポイントのボス戦手前、マヤと協力してダンジョン脱出するところであまりの自分の不器用さに腹が立って放っておいたところからレッツ・プレイ。
これが、どうやってもできなかったというのに(不器用ですから)、あっさりクリア。
弟が。
……いや、あの、自分ではどうやってもできなかったのでね……。
そこからあとはちゃんと自分で進めましたって。

マリクとの会話、マヤの抜け駆け、ハンプティダンプティ戦。
ボス戦、久しぶりなので苦戦しました。
ヴァージニアとクライヴが瀕死になり、回復させたものの次のターンでジェットが瀕死、回復せな!と思った途端、クライヴの一発で終了。
ジェット経験値なし!!
マヤを追いかけ、マヤ戦。
ヴァージニアでまず、アフロもといトッドを火属性魔法で攻撃。
アフロを燃やす。(この演出が大好きだ!)
ジェット・クライヴは銃でギャロウズは水属性魔法でシェイディをまず狙う。
シェイディを倒し、その後、トッド→アルフレッド→マヤの順で倒す。
ハンプティダンプティよりも戦闘は楽。
3〜4分でダンジョン脱出、ディスティニーアークへ。
7人委員会の詳細を知る。
ヴァージニアの故郷ブーツヒルへ。
ヴァージニア父の日記帳を入手。
ブーツヒルを出るとジェイナスが登場し、ワナである情報を入手。
最後のガーディアン神殿をしるためにバスカーコロニーへ向かう。
駅サウスファームからバスカーコロニー地方へ。
バスカーコロニーの首長ハルからダン・ダイラムの神殿の在りかを聞く。
砂上艇でまずはジョリーロジャーに向かい、砂上艇の強化。

―――ひとまずきょうはここで終了。
久しぶりにしたので目が痛いです(苦笑)
でも楽しいー!!
posted by 萩 at 11:54| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月21日

1/20 購入マンガ本2冊


ヤマトナデシコ七変化9 /はやかわともこ

講談社


・1/20購入
・フレンドで毎月立ち読みしてたので、特に目新しいことはなし。
そろそろストーリーがパターン化してきたかな。


愛してるぜ☆ベイベ4 /槙ようこ

集英社


・1/20購入
・新キャラが続々登場。
・後を引かないすっきりした展開が読みやすい。
・まさかこの歳でりぼんコミックスを買う羽目にはるなんてね。
posted by 萩 at 11:51| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | COMIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未クリアゲームソフト――メモ

もっとゲームする時間を増やしたいので、確認のためのメモ。
未クリア、とっても多いのデス…(--;なんてったって5年前のとかから

====☆========☆========☆====
・女神異聞録ペルソナ(PS)
・魔剣 シャオ(PS2)
・封神演義(PS)
・ハリーポッターと賢者の石(PS)
・真・女神転生 U(PS)
・真・女神転生 if...(PS)
・エヴァーグレイス(PS2)
・リーベルファンタジア(PS2)
・院生頂上決定戦 ヒカルの碁(PS)
・WILD ARMS ADVANCED 3(PS2)
・幻想魔伝最遊記〜遥かなる西へ〜(PS)
・アンジェリーク エトワール(Win)
             以上未クリア
=====☆=======☆========☆=====
・アンジェリーク デュエット
・アンジェリーク SP2
・アンジェリーク トロワ
・遥かなる時空の中で
・遥かなる時空の中で2
・ペルソナ2罰 2周目EXダンジョン
・ときめきメモリアル〜Girl's Side〜
・THE 恋愛アドベンチャー 硝子の森
・新世紀エヴァンゲリオン 綾波育成計画アスカ補完計画
・ヒカルの碁平安幻想異聞録
・東京魔人学園 剣風帖 朧奇譚
・ガンダムSEED
             以上不完全コンプリート
====☆======☆======☆========

ぱっと出した分で一応これだけあった。

…時間をください。
今私の願い事が叶うならば、
時間が欲し〜い〜〜〜。

あぁそういえば去年はほとんどRPGしてなかったなぁ、時間がなくて。

今年はできれば良いけど――ってしなきゃ溜まる一方だ!!
まだ欲しいタイトルがいっぱいあるのにぃ。

特に真・女神転生Vノクターン マニアクス。
欲しい。

あとあれ。
リプルのたまご。
欲しい。
posted by 萩 at 01:02| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月19日

硝子心眼/月嶋つぐ美&上杉かや

朝日ソノラマコミックス

 怖い話、大好きです。
好奇心もあるかもしれないけれど、「知ってしまえば怖くない」んじゃないかと思う部分もあります。
真っ暗な廊下と歩くのは不安だけど、一筋の光でも見えてればその不安は薄らぐのと同じ心理。

何か理由がはっきりしさえすればただ怖いっていうのとは違うような気がします。
だから、このテの本はついつい読んでしまいます。

今ちょうどTV番組がありますよね、「本当にあった怖い話」というの。
あれはもともと2ヶ月に1冊出ている雑誌に掲載された話を元にしているようです。
ですので、この「硝子心眼」も実話だということです。
まァその辺は信じる人信じない人によって色々あるでしょうけどね(笑)

うちの父親は信じない派だそうです。
その理由が、
「実際にいたら怖いだろーが!」
ということでした(^^;

それって信じてるのと一緒のような気もしますが、本人が頑として「信じない」といってるので、そういうことにしておきましょう。

私?

うーん、そうだな…。
信じてるってわけでもないけど、実際自分で体験しちゃったことをなかったことにはできませんからね。
そういうこともあるんじゃないかと考えてます。

ただそれだけ。
事実は事実。
ウソはウソ。
真実は自分のみの解釈でどうぞって感じ。

脳の機能が完全に解明されないのと一緒でしょ。
人間(生物)を人間(生物)たらしめているのものがなんなのか、わからないのと一緒。
想いとは脳の中なのか胸の中なのか腹の中なのか、わからないのと一緒。

別にねそれがわからなくたってたいした問題でもないってことですよ。
posted by 萩 at 23:16| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | COMIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月17日

東亰異聞 / 小野不由美

1994年発行。
多分、この年は見えているはずで見えてなかった「闇」に対する何かが突出した年なのかもしれない。

正直に言えばほぼ同時に出されたシリーズに「似てる」。
どこが、とかどの部分が、じゃなくて、
全体的に「闇」という部分を見つめる視点が、だ。

それに同時代という背景が加わればどんな作品でも似てくるというか、似ざるを得ないのだろう。

このような作品を読むと、私の脳はしばらく使いものにならなくなる(笑)
夢の中でキャラが物語を反芻し、語り、決着をつけるまで。

記憶の整理をしているのだろう。
整理をしなければ追いつかないほど、物語は複雑でそしておもしろい。

闇から現れた「火炎魔人」「闇御前」。
消えるも同じ闇の中。
posted by 萩 at 16:52| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NOVEL/BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月14日

アニメ 十二国記「乗月」

あの、ですね。
私、実はアニメ桓タイさんが「かっこいい」と言われてもピンっとこなかったんですよ。

でもっ!!

わかった! わかったのよっっ!!

桓タイさん、かっこいいーーーー!!!

正装したときの前髪とか(前髪かよ)、
キリってした表情とか、
礼服とか、

もうもうもう、素敵すぎー!

声がノリスケさんだってことも気づかないくらいかっこいい!

こりゃ、惚れるわ。
しかも熊さん。
しゃべる熊さん。
熊の中の熊、最強の熊さん。

三錐に一緒に相乗りした祥瓊が羨ましかったです。
……あれ?
もしかしてこれってほのかに、「桓タイ×祥瓊」を意識するように仕向けてるとかないですよね!? NHKさん!?


それはそうと本編の「乗月」ですが、内容に「西の滄海 東の海神」をいれてあるので、ストーリーが薄い。
陽子や楽俊を登場させる必要が果たしてあるのかどうか……。
アニメで初めて十二国記を知る人にとっては、「話が最初から続いているんだよ」って意味ではわかりやすいとは思うんだけど――。
でもやっぱり、「乗月」なら「乗月」だけでやってほしかった。

あと尚隆。
あの妓楼の女性との「アレ」な感じの会話は必要ないでしょう。

無いです!

特定の女性をくっつける必要なし!

……まぁ、軽い嫉妬に過ぎないんですけどね…(爆)
posted by 萩 at 15:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ANIME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月13日

劇場版 聖闘士星矢〜最終聖戦の戦士たち〜

 とりあえず、最後になるわけです。「最終聖戦の戦士たち」
あらすじを覚えている範囲でまた抽出します。

・堕天使ルシファーが地上に降臨。
・異変に気づいた生存中の黄金聖闘士たちだが、一瞬で倒される
・つくづく黄金聖闘士の面目はどこにいってしまったのかが気になる。
・ムウの登場に心躍らせた私の乙女心を返してほしいものである。
・アテナの神殿十二宮を難なく登りつめたルシファー。
・最上部のアテナの像は涙を流すがルシファーが意にも介さず不思議ビームを放つ。
アテナ像、首がもげる。

・神殿へきた城戸沙織嬢ことアテナは、自らを象徴した像の首がもげていることに号泣。
・でもどうしてだろうか…。可哀想とか全然思わない。
・それぞれの神殿で倒されている黄金聖闘士を発見した星矢たちがアテナの元に駆け寄る。
・「黄金聖闘士たちが一瞬で倒されてるなんて――」とかいう星矢たち。
・介抱してやったのか、ちゃんと!? ってか、放任かよ?
・号泣していたアテナのもとにルシファー降臨。
・バックには争いの女神エリス、太陽神アベル、海皇ポセイドンを従え、地上を制覇し、それどころか宇宙を制覇すると言うではないか。
・しかも制覇した地上はエリス、アベル、ポセイドンに統治させるということで話はついているらしい。
・それでいいのか、エリス、アベル、ポセイドン!
・そうこうしている間に、地上に災厄が振りまかれる。
・地上を守りたいのなら生贄になれとアテナにいうルシファー。
・どうでもいいが、ルシファーのビジュアルがやけに適当すぎないか?

・ルシファーの神殿に一人で向かうアテナ。
・いつまでたってもお嬢様は経験から学習ということをなさらないらしい。
・いばらの道を進み、ルシファーを目指す。

・一方星矢たちもアテナの後を追い、ルシファーの神殿を目指す。
・星矢たちを待ち受ける「聖魔天使」たち。
・みんなを先に向かわせるため、二人を相手に紫龍が一人で立ち向かう
・無謀すぎるにも程があらぁ。
・しかし「アテナの聖闘士に同じ技は2度と効かん!」攻撃によって聖魔天使一人と相撃ち。
・逃げた聖魔天使から「見事だ」と賛辞を浴びる。
でも相撃ち

・「僕も聖闘士の一人なんだ!」と立ち向かう瞬。
でもやっぱり、ピンチ

・待ってましたとばかりに一輝登場

「やっぱり来てくれたんだねっ、兄さん!!」

・瞬、確信犯です。
・しかし今回の一輝は最後だけに瞬を見捨てた
・正確には「おまえも聖闘士の端くれなら自分で敵ぐらいしとめろ」というようなことを言ってました。
・…あれですね、獅子が我が子を千尋の谷に突き落とす、アレ。
・弟ですけど。しかも2歳しか違いませんけど。

・いまいち氷河のことはよく覚えていません。
「マーマ…」という台詞があったのは確かです。

――――――あとの展開は、通常通り。
星矢が射手座の聖衣を纏います。
ルシファーを倒します。
アテナが助かります。

アテナ、なんかちょっと感動するっぽい台詞を言います。
(その前にちったぁ学習しろ)

そんな感じ。
最後にしては気が抜けるような内容でしたね。
真紅の少年伝説で、最後までアテナを想っていたアベルが哄笑するんですよ?

あり得ない。
そんなのアベルじゃないよ。

ってか、3人で地上を分けろっつったって、ポセイドンはもともと海を所持してるわけだから、実質地球の半分以上はポセイドンの手の中にあるわけでしょ?

そんなに野心が小さくていいのかい、あんたらは。

つーか、ルシファーのアテナに対する私怨に巻き込まれる形の再登場でいいんかい?


やたら疑問の残る、「最終聖戦」でした。


黄金聖闘士たちは生きてるかな…。
posted by 萩 at 15:46| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 聖闘士星矢 ■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。