what's new!

2004年06月30日

水巡り。

ブルグさんところの方向音痴の味方にトラックバック。

私も極度の方向音痴です。
会社でも説明会などに行く場合、必ず地図を渡され、その地図で懇切丁寧に目印となるものや道を説明されます。
・・・正直「そこまで方向音痴じゃない!」と反論したいのは山々ですが、迷わないという自信もないので甘んじて受けています。
迷う迷わないは別として、帰ってこれさえすればいいと私は思っています。


…か、帰って・・・多分帰ってこれるもん!!
道なんか知らなくたって帰ってこれるもん!!
うわーん!!

続きを読む


posted by 萩 at 23:12| 鹿児島 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑 記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月29日

ふと思ったこと。

 新1万・5千・1千円札がでますよね〜、そのうち
(いつからか細かいことは知らないので、そのうちっつーことで)

でもあれですね。皆さん、アレ、覚えてます?


2千円札っつーの?


あれをお釣りで貰った人ってほぼ皆無でしょうね。
私もバイトで本屋いたときに、時々レジにこれが紛れ込んでいたけど、「お釣りでは出さないでね」って言われてましたもん。

流通しない札ナンバーワンだと私は思っているんですよ。
きっとどこか大きな銀行の金庫に束になって眠ってるんでしょうね。

「すずむし」が。
まぁ、そもそも「すずむし」も途中で文が切れちゃった状態で印刷されてるし。

意味がわからない札ナンバーワンでもあるよね。
今、財布に入っている人がいたら使うつもりなのか、大事にとっておくつもりなのか、真意を聞きたいです。
posted by 萩 at 16:56| 鹿児島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑 記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十二国記 赫々たる王道 紅緑の羽化A

 1週目終了〜しました。
ミニゲームばっかり途中やってましたが、鈴と祥瓊が登場した時点からストーリーだけガンガン進めました。
戦闘もメンドくさかったんで、装飾の「白亜の指輪」を装備してひたすら逃走。

道具はほぼ持ち腐れ状態(苦笑)。
道具屋にはほとんど行ってませんし、装飾品に至ってはストーリー上手に入れたものや、買うべき必要のあったもの以外は買ってません。
まず、お金がないから。
妖魔を倒してもお金だけはかっぱらうことができません。
お金は自分で職安にいって稼ぐか(現実的・・・)、お駄賃をもらうか、蓬莱からのブツを売るかして手に入れます。
そして、遊技場にすべて注ぎ込む!!
――放蕩王様と化してました・・・民よ、すまん!

個人的に楽俊の闘う姿が好きでした。
攻撃力がめっちゃ低いんだけど(武器が柄杓だし)、「えいっ!」とか「負けないぞ!」とか「痛いっ!」って声が可愛いからよく連れまわしてました・・・・・・可哀相に。

2周目からは、称号と札帳・画集、ミニゲームの続きなどは引き継がせることができるみたいです。
レベル、使令、道具、お金は初期設定から。
…せめて道具は引き継ぎたかったなぁ。
使ったこともないアイテムばっかりあったので。

全体的にやっぱり、「本格的ロールプレイング」と謳うにはちゃちい内容でした(--;
都合20時間もあればクリアできるはずです。
ミニゲームをひたすらやりこめば倍はかかるでしょうか?
でも途中、ストーリーの分岐点が見られるので2周目を想定してミニゲームはほどほどに遊んでおくのが良いかと思われます。

最後に、私が初級も取れなかったミニゲームは「射的」と「輪投げ」と「ホッケー」でした。
初級はとっても次にいけなかったのが「蹴鞠」と「記憶ゲーム」と「迷子探し」と「十二国牌」。
大王レベルは「闘技場(30人抜き)」「木の葉拾い」「十二国パズル」だったかな。

「蹴鞠」は思うに、楽俊と延王が下手なんだ。
そうに決まってる!30回も続くわけないじゃないかー!
posted by 萩 at 00:23| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月25日

真・女神転生V NOCTURNE マニアクス/プレイ記N

公式サイト
 強いといいの?
 弱いとわるいの?
 強いとわるいの?
 弱いままでいいの?
 自分たちだけが幸せならそれでいいの?
----------------------------------------------------------------
<以下、プレイ記N(6/10,13)ネタバレ含む>
----------------------------------------------------------------
 前回、答えを返せなかった、次のセリフ。
「ねぇ、君は強いし、いい悪魔なんだよね?あいつらを倒してよ!」
随分悩んだけれど答えをYESと出しました。
頼まれなくてももともとそうするつもりだったし、恩を売る気だってさらさらないです。
「やりたいからそうする」
答えなんてそれだけでいいんじゃないかと思いました。

 マネカタと別れて先を急ぐと、別のマネカタがこう言っていました。
「創世なんて目指さなければこんなことにはならなかったのに」
それはフトミミを責めているんだろうか。
…報われないよね……というか、ノクターンやってるとだんだん人が信じられなくなりそうです(苦笑)
通じ合わずに、すれ違っていく気持ちが切ない。

 途中で、天使パワーとドミニオンからの問い掛けが発生。
要は「弱くて横並びの平和主義を謳うマネカタを皆殺しすべき」だというので、否、と答えました。
弱いものに生きている価値がない、そんな極端な世界で生き残ったって嬉しくないし。

 鏡の間にでると、千晶とフトミミさんが対峙していました。
千晶が異形化した手でマネカタの頭を………。
うっ………。
そこまでするほど千晶はマネカタに対して、憎しみの感情を抱いていたというんでしょうか――。
自らの手を血で染めても構わないほどに。

 主人公に気付いたフトミミさんが助けを求めてきました。
千晶を倒す為に手を貸してくれ、って――。
…手を貸したいのは山々だけど、千晶を退ける為じゃなくて倒す為ってのが…イヤだ。
そりゃ、これだけマネカタを惨殺していく千晶はひどいけど………でもなんか……辛い。

選択肢があるのかと緊張していたら、あっさり千晶に主人公君は見限られました。
…うん、まぁそうだろうね。
千晶の目指す世界は理解できないって前に答えたもんね。

でも千晶の言うセリフに疑問。
「あなたはヨスガのコトワリがわからなかった。
 弱い者の惑わしに負け、強き者、優れた者が生き残る美しい世界への道を自ら絶ったのよ」
 「なんのためにその体になったの?
 きっとわかってないままなんでしょ?
 あなたも不要だった……それだけの話ね。
 サヨナラ」

スノウくんは誰かに惑わされたわけじゃない。
強き者、優れた者が生き残る世界が、美しいものだとは思えなかっただけなんだ。
悪魔に変わってしまったのも不可抗力で、意味なんて端からないんだし。
でも、千晶から見ていればスノウくんは正しく“選ばれた者”だったんだろうかと…。
千晶自身も“選ばれた者”だと思い至った。
そうすると、千晶以上に強い能力を与えられたスノウくんこそがヨスガを啓くに最適な存在だと千晶が思っても仕方がなかったのかもしれない。
…そっか、だから千晶はスノウくんにヨスガの世界を認めて欲しかったんだ。
自分の“選ばれた者”としての存在を確固たるものにしたかったから。

……深い……。

千晶が「サヨナラ」を告げると、大天使が3体降臨、戦闘突入。

  vsガブリエル、ラファエル、ウリエル
パーティメンバーとターン行動は以下。
ハヌマーン:スクカジャ2回・ラクカジャ3回・タルカジャ4回・絶妙剣・テトラカーン
クー・フーリン:スクカジャ2回・ギロチンカット・挑発
クシナダヒメ:オールターン、メディラマ
主人公、スノウ:ジャベリンレイン(ほぼオールターン)・テトラジャの石
ガブリエルから順に倒していきました。
主人公くんのジャベリレインはタルカジャ・挑発効果もあり強力で、1回で944ダメージを付与したり(笑)
強ぇぇ!! HPが減るけどすごい技だ。
「しゃあっ!」とかいう掛け声も、蹴りを繰り出す動作も好きです。
テトラカーンを掛けられたときはおとなしく次のターンを待って(攻撃スキルがジャベリレインしかないスノウくん。残りのスキルはすべて無効系・苦笑)、回復と強化中心で。

ハヌマーンが破壊神セイテンタイセイに変異しました。
うーむ、やっぱりヴィジュアルは猿かぁ…(笑)
主人公のスノウくんがレベル71になりました。
強いぞー。


 戦闘が終わると、フトミミさんは千晶にすでに倒されていました…。
た、助けられなかった……。
またか。
またこのパターンか!?
ヒジリは勇に、フトミミは千晶に。
そんな状況に立ち会っても、一人も救えないなんて……。
救える余地すらどこにも残ってないなんて――。
みんなを救おうとするなんて欺瞞かもしれないけれど――。

……重い……。

千晶がヨスガのコトワリを啓き、守護神を降ろしました。
千晶の神は、蛾のような羽のある女性神(でいいのか?)バアル・アバター
――あとコトワリを啓いていないのは、氷川のシジマ――と、佑子先生。

アサクサの街に戻ると、仲見世通りにマネカタの姿はなくなっており、悪魔が出現するようになってました。
マネカタも全滅はしておらず、街のひっこんだところでひっそりと暮らしているようです…。

…だからフトミミさんを責めるような発言は……。
…なんでだろ…哀しい…。
千晶の言葉を聞いてたときも胸が苦しくって、生き残ったマネカタの言葉を聞いても哀しい。
感情移入しすぎ?


えっと、もうアサクサにいても哀しいだけなので、ちょっくらダンテに会いにアマラ深界の第3カルパへ。

「この先に怖い人がいるー」というフロスト君の指し示す先に行くと、はぁーい、ダンテさん登場!
相変わらず赤いです。剣がデカいです。それにしてもなんでダンテはスノウくんのこと「少年」っていうんだろうか…。
名前で呼んで!(爆)

ダンテが「後ろを向いて、振り返らずに走れ」と言ってきました。
えっと、これはケツマクッテ逃ゲテシマエってことですか? か?
えーっと…嫌!(笑)
ここまで来ちゃったら後戻りはできませんぜ。

そんでもって追いかけっこ突入!
うひょー、
うひょー、
ひえぇぇぇえええ!!

怖いよ!
怖いよぉ〜〜〜〜!!!!

むっちゃ撃たれるよぉ〜〜〜〜!!!!(笑)

なんとかスイッチをオフにして、次のフロアに進もうとするんだけど、ダンテさん出口付近にて待ち伏せ。卑怯だよ。あんた卑怯だよ、それは!
それでもなんとかおびき出して次に進むんだけど、今度は全部のキーを切り替えずにダンテに追いつかれると、ダンテがキーをオフにしてしまう(涙)。ちっくしょー!器がちっちぇ!
何度やってもスイッチをオフにされてしまうので、セーブしてカルパ脱出。
攻略情報を入手してからリベンジしてやる。

 そろそろ新しい仲魔が欲しくなったので、邪教の館へ。
妖精オベロン+天使ドミニオン×幻魔クー・フーリン=女神ラクシュミ
うーん…
美形3体合体(笑)もったいないかな、と思ったけどまあいいや。
悪魔全書からまたクー・フーリンを呼び出し。
クー・フーリンとオオクニヌシだけは絶対仲魔から外したりしないわっ!!
目の保養だから。

 ストーリーを進めるためにユウラクチョウ駅へ。
構内に入ったところで、どうやら魔人がいる模様。
…今パーティがなぁ……っつーことで、「止まらない」を選択。

が! 逃げ切れませんでした。
なんで!? フルカグツチじゃないのにっ!

  vs魔人トランペッター戦
突然、トランペッターの「神恩のラッパ」とかいうので全回復されちゃったスノウくん。
…なんで塩を送ってくるの、この魔人は?
まぁ、回復したのならいいか〜♪
なんて思って、いつものごとく力技でガンガン押していたら、4ターン目の「魔録のラッパ」っつーのでスノウくん即死

……天使が迎えにきたよ……て、ええ!?なんで即死っすか!?

  vs魔人トランペッター 再戦
 再戦。
なんで即死なのかわからぬまま、駅構内へまたやってきました。
今度もパーティを魔人ように編成し忘れてたので、スルーを選択。
が! またしても逃げ切れませんでした。
…だから、なんで逃げ切れないのよ!(逆切れ)

今度は「神恩のラッパ」で聖獣スパルナが全回復。
なんか法則があるんだろうけどね…わからない。でもこのままだとスパルナが即死だろうなというのは予想がつくので、このままパーティを入れ替えず、力押し。
クー・フーリンはスクカジャ掛け。
スパルナが「魔録のラッパ」で倒れたので、セイテンタイセイを召喚。
MPのなくなったカーリーをラクシュミと交替。
セイテンタイセイの絶妙剣が効くぅ〜♪
1000とかすげーね。スノウくんよりすげーね。うん。

戦闘終了後、レベルアーップ。
装備していた禍魂ニルヴァーナの力を引き出し終わり「破魔無効」のスキルを「耐破魔」に上書きしました。
これで破魔も効かなくなった〜。あと呪殺無効さえ手に入れればほぼ無敵だ。よし!
あと、神威のメノラーを入手。

 坑道内でシゲちゃんと出会いました。
宝山分け〜♪ということで仲魔貸してvというので、クシナダヒメを置いていきました。
クシナダヒメちゃん、ごめんね。
宝の誘惑には勝てなかったよ…。
シゲちゃんは「この悪魔じゃ時間がかかるよ〜」と言ってましたので、気長に待つことにします。
坑道内をうろうろしているうちに、スパルナが霊鳥ガルーダに変異しました。
いや〜ん、ヴィジュアルが変になってる〜(見た目重視)。
獣系補充の為、ケルベロスをナンパ。
あー…やっぱいいなぁ、ケルベロス。ついつい毎回仲魔にいれてしまう。

 坑道を抜けてカスミガセキ駅に到着。あとは箇条書きにします。

●カスミガセキ駅
 氷川を助けに来たのか→「いいえ」
 かけつけた悪魔の一人か、→「いいえ」
 先生の情報を入手。

●東京議事堂
 左通路へ行くと魔王スルト戦。
…苦労したんですが、勝てたのでまぁいいでしょう(苦笑)

◆邪教の館
ケルベロス+ロキ=ニュクス(見覚えの成長継承:バーのママ:笑)
ケルベロスを召喚。

ふぅ〜。
記憶を思い興すのも大変になってきました。
posted by 萩 at 17:01| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月22日

笑顔のコツ


 下唇の両端に気合を入れて。

 すると、まぁ、不思議!

 笑顔っぽく見えるわ☆

 これで第一印象は少なくとも悪くはならないはずよ。


対人関係の基本は笑顔ですから。
…ただ気合を入れすぎると、

「目が笑ってないよ」

と突っ込まれるので、気合はほどほどに(笑)
posted by 萩 at 11:47| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑 記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

INDICATE/高橋直純(声優)

高橋直純さん公式サイト
2nd CD ALBUM----INDICATE(amazon)

収録曲すべて大好きです。
とくに5番目の収録曲の「愛しくて」はオススメ。

♪笑顔が好き… 透き通った声が好き…
 優しい瞳が好き… 冷たい指先が好き…
 だから 愛してる… そうね 愛してる…
 壊れるほど 愛してる…
 だけど 言えない… ♪

このフレーズが大好きです。
女性視点でかかれている詩がすごく切なくて、きゅんってなります(笑)。
それに高橋さんの爽やかだけど甘い声が重なると、もうもうもうっ!!
こんなに私を蕩めかしてどうするんですかっって叫びます。
特に高音部分の歌い方が素敵です。

なんか最近甘い声が聞きたいな、という人はどうぞ。
posted by 萩 at 10:56| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月19日

十二国記 赫々たる王道 紅緑の羽化

公式ページ

楽俊の携帯ストラップが付いてました。
…というか、そっちと山田画伯のパッケージイラスト目当で買いました。

「本格的ロールプレイングゲーム」と謳っている割に、戦闘画面・ストーリーの速度がゆっくりだし、操作性も悪いので、ゲーマー対象というよりは、十二国記を知っているゲーム初心者向け。
全体MAPとかあればもっとフィールドを歩きやすいと思うのですが…、特にMAPを表示させる機能もなし。

本ストーリーより、ミニゲームに熱中してしまいがちです。
職安で仕事を請け負ったり(樽運びとか木の葉集めとか)、遊技場で射的をしたり、楽俊と蹴鞠をしたり、六太とクイズをしたり――。

…というか、ストーリーよりこっちのほうが難しいんですけどっ!!
メインはミニゲームとしたほうが、ゲーム内容に偽りない感じです。

原作がアニメだったり、小説だったり、コミックだったりするゲームは基本的に、ゲームとしての底が浅いのが難点ですよね……。
そういうことわかってるけど買っちゃうのが……ファン心理。
ベスト版か中古を待って安く買ったほうがいいと思います。

ちなみに、私が今まで買ったことのある原作が漫画の「ゲーマーをなめとんのかっ!!」っつーゲームをご紹介。

1位:最遊記「遥かなる西へ」
 戦闘がじゃんけんっつーありえないゲーム。
しかもショボいくせに勝てないんだ、これ…。
ヤオネちゃん対八戒では、八戒が上下(ジャンプor屈む)に爆弾を避けるだけというお粗末な内容………ナンダコレ…ふぁみこんカ?

2位:仙界大戦 封神演技
 戦闘が止まってるのかっつーくらい遅い、たるい。
ミニゲームだけに特化した良い例。いっそのことミニゲームだけで売り出したほうが良かったんじゃないかと思う。

原作は漫画じゃなくってそもそもゲームだけど、ロールプレイングゲームにしてはいかがなゲーム。

 「アンジェリーク 天空の鎮魂歌」

…すごい、戦闘が……あの、もう二度とやりたくない感じ。
でも、「かばう」「かばわれる」コマンドで攻撃を受けると親密度が上がるから恋愛EDのためだけに、ひたすら闘った…。
15人との親密度がほぼパーフェクトっつーデータをつくりあげた。
でもそこで力尽きた……。

あの戦闘さえなければ!!
みんなとラブラブなのにっ!!

やりたくないけれどやればやるほどドつぼにはまる、至上稀に見るゲームです。
posted by 萩 at 16:10| 鹿児島 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風。

 ここ数年、台風に避けられていた感のある鹿児島県北薩地方。
今回はまっぽし台風がやってくる模様です。

……それでも出勤だってさ!!
ま、危なかったら来なくてもいいよって言われたので、危なかったから行きませんけど。

いやーほんとまっぽしやってきますよね。
私が小学生の頃は結構直撃とかあったりで、午前授業の集団下校があったり、朝のうちに連絡網が廻ってきて「待機」だったりしてました。
停電とかしょっちゅうで、冷蔵庫の中身の心配をしたり、台風の目に入ったと知るや否や外に飛び出して近くの川を見に行って、「あー溢れそう」とか言ってましたよ。
危ないことやってたなぁ(笑)

 で、さっきから「まっぽし」「まっぽし」言ってますけど、これって方言です…よね?
なんか、使い慣れていて区別がつかない単語がいろいろあるんですよ。
「だるい」は標準語ですよね。んで「てそい」は方言?
「だりぃー」標準語で、「てせー」は方言…だよな。

…ま、意味が通じない言葉があったらフィーリングで感じとってください。
posted by 萩 at 15:04| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑 記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

…もっと抵抗してもいいんじゃない?

血で反省文を書くよう要求/ニュース記事

 そんなことを要求する教師もどうかと思うが、実際に血で反省文を書くほうもどうかと思う。
だって、痛いじゃん。
そもそも反省文なんて長ったらしい文を血で本当に書けると思ったのか?

少し考えれば、わかることでしょう。
教師にしたって、生徒にしたって。
もっと考えようよ。
posted by 萩 at 12:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑 記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月16日

膝の上に。

愛猫が乗っかっていて、今にも滑り落ちそうです。

…なんか今日は甘えたい気分なんでしょうかね…。

ギュッとつかまれたりすると可愛くてしょうがないです。

ああ、ペットバカ。
posted by 萩 at 22:09| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑 記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。