what's new!

2006年03月30日

やりはじめると止まらない。

四文字熟語フラッシュ

 フラッシュ内の漢字を入れ替えて(縦に)四文字熟語を完成させていく単純明快なゲームです。
ステージは全部で7面!
4面まではさくさく進むのですが、5面から悩み始めます。
特にあと4問から5問が残ったときが非常に厳しい。
一応何も参考にせず7面クリアはできました。
日本文学科卒としての意地で辞書の類に頼れなかった(苦笑)

以外にわかってるようでわからない四文字熟語……。
頭の柔軟体操として、さぁレッツ・トライ!

私ももっとさくさくクリアできるようにちょっと何度かやってみよう…。


posted by 萩 at 17:26| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑 記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

-less[レス]

-less
-less [レス]
クリスマス・イブの夜、親類宅のパーティへ向かうため、車を走らせる一家。いつもと違う道を走ることになるのだが、どれだけ進んでも森から抜け出せない。他に道路を走る車はなく、外灯のない道を一家の車のライトと地図にはない『マーコット』という標識だけ
を頼りに走るが、車を止めるたびに家族が一人ずつ惨殺されていく…
 シチュエーションホラー。
「saw」と比較されてるようだけど、別に比較しなくてもいいし、わざわざ売り出し文句に書く必要ないんじゃないかと。
これはこれ、あっちはあっちで完全に切り離して見るべし。
(そもそも個人的に映画同士を比較して売り出しているのは嫌いだ。そういうのは良さを半減させてしまうから。個人個人が感想としてあげるのなら別だけど。)
そういやsawも見たけど、あっちはホラーとは違うよね?ね?
レスは古き良き怪談に近いんじゃないかな。

 一人一人と惨殺されて家族が減っていくのだけど、グロ画像はほとんどなし(低予算のため)だから、そういう猟奇的なシーンが苦手な人に優しいです。ってこれは、私のことですよ。グロいのヤだよ。うへぇ。
一家の息子の言葉がお下品でございますのでご注意。

 心理的に追い詰められて、狂気に蝕まれていく人間の様子がありありと描かれていて、それが演出のうちで一番怖かった。
特に母親は狂っていくごとに爆弾発言&とんでもない行動を引き起こしていく。
思わずおいおいとツッコミを入れたよ。
弟があんななのは間違いなく母親が溺愛してるからなんだろうなと思ってみたり。
必死に家族を支えようとしてた父親と(後半の)娘にはちょっと涙。。

 オチは…うん、まぁ賛否両論あるけれど個人的には『パラレル』と解釈したいかな。
(ネタバレじゃないんだけど、勘のいい人は気付いておもしろくなくなるので反転しときます。)
posted by 萩 at 16:58| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

about a boy[アバウト・ア・ボーイ]

☆ about a boy[アバウト・ア・ボーイ]
38歳の独身男ウィルは、親の遺産のおかげで働きもせずに悠々自適の生活を過ごしていた。そんな彼の前に、12歳の少年マーカスが現れ、たちまち彼の生活はかき乱されていく。


 目を引く見所は特にないのだけれど、なぜか不思議と印象に残る作品。
ちぐはぐなようでマッチしてる色彩のせいかな。
主人公ウィルの部屋のデザインとインテリアがめちゃくちゃかっこいいです。
シンプルだけど機能的でオシャレ。
ウィルの服といい部屋といいセンスいい。
主人公の容姿と部屋の見栄えがいい分、“カラッポ”な中身と人生とのギャップが際立ちますね。
そういう細かい部分にはっとする作品。
もちろん、ストーリーもいいですよ。
笑いあり、涙あり、感動あり。
ウィル役のヒューはかっこいいなぁと思いながら観てました。
中身が伴えば理想の大人の男だよなぁ…ウィルって(笑)
続きを読む(ネタバレも)
posted by 萩 at 16:46| 鹿児島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画/DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

ゲゲゲの森。

 昨日友人とタカプラで待ち合わせをしました。
そうしたところ6階ギャラリーの「水木しげるのゲゲゲの森(〜4月2日まで)」に興味を引かれたので行ってみました。

小規模ながらなかなかおもしろかったです。
というか、売店がおもしろいものいっぱいで楽しかったです(笑)
一反もめんのバスタタオルが笑えました。
どうみても▼の形で使いにくそうな、とっても憎いデザイン☆
個人的には「妖怪汁粉」が欲しかったなぁ。
自分じゃ食べないけど、人に食べさせてから「実は…コレなの、それ」って風にやってみたい(爆)
posted by 萩 at 16:43| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑 記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

とりあえず。

 書きたいネタが、記事一覧の非公開となって溜まってきております。
これは、とりあえずのエントリ。

とりあえず、最近は微妙に後ろ向きです。
とりあえず、左手が腱鞘炎です。(ゲームやりすぎた)
とりあえず、ラブレボ!!は二人攻略しました。綾人先輩は素敵です。
とりあえず、アバタールチューナーもやってます。ゲイルが熱いです。
とりあえず、昨日はアンジェリークのコミックを読み出したら止まらなくなりました。胸がきゅんきゅんします。
とりあえず、人の話を聞いてないことが多いです。生返事が得意です。
とりあえず、あ〜今日もだるいなぁ〜とアンニュイな気分です。
とりあえず、今日はblueさんはお仕事で福岡行って1泊してくるんだそうです。
とりあえず、「お土産なにがいい?」と聞かれたので「blue」と答えておきました。ちゃんと傷一つつけずに持ってきてくれるでしょうか。
とりあえず、仕事は暇です。
とりあえず、専務の「winnyは誰も落してないよね?」が「ウニ誰も落してないよね?」と聞こえて、あーこの人もうヤヴァイんじゃないの?って思いました。ヤヴァイのは私だったようです。乙。
とりあえず、キーボード打ってると腱鞘炎が悪化しそうです。
とりあえず、……うーん、もう特には書くことは無いです。
とりあえず、お・し・ま・い。

あー、天気いいなぁ〜。
posted by 萩 at 15:41| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑 記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

ペルソナ3発売!!?

P3-persona3-  〜は、待たない。(公式サイト)

 つ、ついにペルソナ3が!!!!
∩(´∀`∩) ワッショーイ ワッシ ∩( ´∀` )∩ ョーイ ワッショーイ (∩´∀`)∩
詳細は公式サイトでごらんアレ!

 もうもうもうもうもうっ!!!
わたくしただいま浮かれております!
今回のペルソナ3のキャラクターデザインは金子一馬氏ではなく、副島成記氏ですね。
ムッシュー、ですよ、ムッシュー!!(元ネタ:ペルソナ2)
ストーリーは今までの異聞録、2の流れではなく一新されてます。
(2のあの後は作りにくいだろうなぁとは思うけれど…アヤセやマークが異聞録だけだったのは残念だなぁ…)
ボリュームは50時間以上
私はやりこみはじめると止まらないので、気合いれてかからないといけませんね(笑)
“真3マニアクス”も“異聞録”も細かいとこまでプレイしてたら、あっさり99時間59分99秒超えましたしね(爆)
でも、ま、異聞録ほどきつくはないと思うので…(^^;

それにしても、やっぱり主人公は美形ですなァ(*´Д`*)
今までの主人公からするとちょっと幼い感じで。
戦闘画面もフルポリゴンなので、余計幼く(小っちゃく)見えます。
ムービーシーンは美麗そうなので期待大♪

 気になる発売予定日は2006年7月13日!
いや〜ん、うずうずしちゃうので発売日までのカウントダウンを右サイドバーでやりまっする。
うきうき、どきどき…。
posted by 萩 at 15:53| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受けたくない電話(愚痴)

『立て板に水のようにしゃべり続けるのだが、その声がまったくもって聞き取れない電話』

 しかも方言がきつい上にダミ声で早い、携帯からなのでノイズが入る。
同じ事を延々としゃべり続け、こちらからのアクセスを受け付けない。

「おたくの部長とうちの社長で話をして欲しい」

というのはかろうじてわかったのだが、あなた自分の名前も社名も名乗ってないですから、“うちの社長”と言われましても…。
あの、こちらは電話の声だけであなたは誰かを知ることは出来ませんというか、あなたの声自体聞くのは初めてですよ。
どうにかこうにか話の内容から推察して、社名は予想ついたので、今度はなんとかして話の継ぎ目に「あの、申し訳ありませんがそちらは“●●社”でしょうか?」と確認を取ったら、

「あたりまえだろうが!」

・・・

巫山戯んな。
posted by 萩 at 12:00| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | Good? Job | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

『○○』バトン。

 kazuさんから『○○』バトンを受け取りました。
○○部分には回してくれた方が指定したものが入ります。
kazuさんが私に対して指定したのはズバリ『漫画』
では……いっちょやったりますよ!!

***『漫画』バトン***

Q.1 あなたの本棚orパソコンの『漫画』は?
 本棚>もっさり ありますよ。もっさり。
最近きちんと把握してないけど、実家に帰ってきてから徐々に減ってます。多分。
一時期は500冊くらいあったかなぁ…?
今は200冊〜300冊といったところかな、漫画だけに絞ると(小説が結構ある)。
パソコン>空っぽです。
 
Q.2 今妄想している『漫画』は?
 自分で思い描いている(構想)もので、漫画じゃなくて小説なんだけど下地作業は変わらないのでいいのなら・・・。

 ざっと説明すると“銀杏の樹の下でもうすぐ樹に取り込まれてしまう幽霊さんの失われてしまった記憶を取り戻すために、幽霊さんが思い出せるだけの昔話を主人公が夜中ずっと聞いてあげる話”
幽霊さんが話を聞いてもらっているうちに徐々に過去を思い出していく、っていうだけの話。
序盤と終局はだいたい構想し終わってるんだけど、その途中をどうしたものかなぁとかれこれ2年は悩んでいる妄想です。

 で、今気がついたんだけど私の考える話って全部死んだ人が出てくるような気がするわ…(爆)

Q.3 最初に出会った『漫画』は?
 雑誌なら『りぼん』
憶えているところでいうなら、[ときめきトゥナイト]とかあの辺りでしょうね〜。
ってうわー、だめだよ、これ!
年代が反映されるじゃん!(苦笑)

Q.4 思い入れのある『漫画』は?
 ありすぎて一つに絞れません。
しょうがないから列挙します。
興味にない方はスルー推奨。

(順不同)
MIND ASSASSIN 著:かずはじめ
銀の勇者 著:渡辺禎智
エンジェル伝説 著:八木教広
天(そら)は赤い河のほとり 著:篠原千絵
闇の末裔 著:松下容子
赤ちゃんと僕  著:羅川真理茂
サークルゲーム 著:聖千秋
アンジェリーク 著:由羅カイリ
女神異聞録ペルソナ 著:上田信舟
ヒカルの碁 著:小畑健
ルナティック雑技団 著:岡田あーみん
八雲立つ 著:樹なつみ
お迎えです。 著:田中メカ
グラビテーション 著:村上真紀
西洋骨董洋菓子店 著:よしながふみ
聖闘士星矢  著:車田正美

まだあるけど、ちょっとぱっとは思いつかないなぁ…。
アレもこれもといってたら、持ってる本すべてあげることになるし(苦笑)
だから、これで以上、ということで...
 
Q.5 私と『漫画』というテーマで川柳を1つ…
“たかが漫画と侮る勿れ されど漫画なり”
――すーごい、悩んだよ(苦笑)一番難しい質問だわ。

Q.6 このバトンを託したい人とテーマは?
 特定の誰か…というのは難しいので、『ブログ』というテーマでやってみたい方がいらっしゃったら奪って攫っていってください。
posted by 萩 at 18:10| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑 記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

[ひなたの狼] 著:斉藤岬


☆ [ひなたの狼-新選組綺談-] 著:斉藤岬(著者HP『自堕落通信』)

 その男は、女性と見まごうばかりの美貌の影に、大いなる野望を抱いていた。
男の名は土方歳三。
「誠」の旗のもとに集う新選組志士を描く。

 新撰組、です。(以前にも“PEACE MAKER”というコミックを紹介しましたが、特に新撰組が好きだというわけではないです。)
既存の『沖田総司=美形』をいう概念を取っ払った作品。
「沖田総司が美形じゃないとこがいい!」と弟が大絶賛で貸してくれました(苦笑)
土方さんがこんな(表紙キャラ)で、他にも美形ぞろいななんだけどそれはいいのか?とちょっと疑問。
そういえばホーリーランドも弟が貸してくれたんでした。
…なんぞ美形に恨みでもあるのんか…?

 著者である斉藤岬さんのホームページ『自堕落通信』の中に、斉藤一(藤田五郎に改名後)の実存する写真がこっそり載っけられています。
これが……「人相怖っ!!がく〜(落胆した顔)」です……。
ビビるよ…マジで…。
この人があの羽織で牙突やっちゃうわけでしょ…もう…そりゃ『悪・即・斬!』ってなるはずですわ。

いやー…納得はすっごく納得だけど、美形イメージが崩れちゃったな…。
posted by 萩 at 18:15| 鹿児島 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | COMIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FARTA MAREANO(ファータ・マリーノ)

 土曜は友人の送別会と、同棲祝いと、職場転勤(移動?)祝いということでドルフィンポートの“FARTA MAREANO(ファータ・マリーノ)”で食事会をしてきました。

 焼きたてのパンはおかわり自由。
ディナー(プレート形式サラダ・スープ・デザート・ドリンク)もほどよい量&価格。
店内もオッサレ〜な感じで、ついでにカクテルグラスもオッサレ〜で良かったです。
友人たちへのお祝いということだったのでホールケーキも予約して、蝋燭吹き消したら店員さんが人数分(8人)カットしてくれました。
イチゴもっさりで(゚д゚)ウマー。
甘酸っぱかったです。
クリームもイチゴでしたよん。

一言、感じたことを。
posted by 萩 at 17:21| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑 記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。